よくある質問

短頭種はアレルギーが出やすいと聞いたので心配です。

確かに短ぷん犬種は他の犬種に比べ、アレルギーや皮膚のトラブルが多いと言われています。アレルギーの検査にはこちらのようなラボに検査を依頼し92種類のアレルゲンの中から反応する物質を数値で評価して、アレルギー物質を避け症状が出ないよう注意するなどの対策が必要な場合もあります。
当犬舎でも繁殖の基礎となる犬の保有アレルギーを調査し、反応が強い個体では子犬に遺伝する可能性があるため、繁殖を留意しより健全で健康な犬の繁殖を行っています。

<<将来の予想サイズや体重など | 2頭目を迎えたいのですが・・・>>

戻る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ