犬帝王切開、価格、値段、金額

価格
10㎏以下23,000円(+税)
10㎏~15㎏まで28,000円(+税)
15㎏~25㎏まで32,000円(+税)
※普段の体重ではなく出産直前の体重です

契約獣医師での動物取扱業者向けの帝王切開をお引き受けしています。

長年にわたる帝王切開への技術と経験を踏まえ、産後の母体及び子犬への予後経過も含めた 術式で行っています。

■動物取扱業者専門でやる理由

胎児へのリスクと麻酔管理

妊娠時の検診、術前検査及び説明、術後管理及び通院など

2回目以降の再妊娠時への配慮。

訴訟リスク

当院では、

必要最低限の検査機器、人員、入院設備しかなく術前術後診療はかかりつけ病院を勧めています。低コストでの提供ですので各種省略できる部分は省いていますので動物取扱業者様向けの帝王切開をご案内しております。

はじめてご依頼される場合は動物取扱業登録証を確認させていただきます。

基本的には帝王切開のみお引き受けいたします。

対応時間9時~20時 

他の往診診療も行っていますので時間が空いていればすぐにお引き受けいたしますがお待ちいただく場合もございます。

お預かりする時間は40分程度です。母犬はバリケンなど入れ物に入れてお持ちください。
胎児を入れる入れ物には必ず夏場でもホッカイロを入れておいてください。
1週間~10日分の内服薬は当日お持ち帰りいただきます。

■当院で行うメリット

  • ・専門分野なので症例数が非常に多い
  • ・胎児に麻酔がかからないので蘇生行為が不要。子犬に負担がまったくかかりません
  • ・再妊娠率の高さ。子宮の癒着や損傷を最低限に抑えます。
  • ・短時間(お預かりから40分、執刀から25分程度でお帰りいただけます)なので 母犬の予後が良好で体力の低下も最小限です。

■お引き受けできない場合

  • ・動物取扱業者以外の者
  • ・陣痛が始まって12時間以上経過している犬
  • ・すでに胎盤が剥離している(緑色の付着物がある場合)または陰部より出血のある犬、術後管理が必要になる可能性があるためかかりつけの病院へ行ってください。破水のみの場合は可
  • ・完全な不動化を行いませんので気管挿管は行わずマスクでの麻酔管理になりますので極度に肥満な犬や軟口蓋過長症など無意識化で自発呼吸が停止してしまうような場合。

お願い

出産時によく胎児を亡くしていませんか?

出産困難犬種は無理せず計画帝王切開をお願いします。

体温(直腸で正確に計ってください)が37.5℃を下回ったり食欲がなくなるのは出産のサインです。陣痛を待たずに切った方が母体胎児共に安心です。

お電話でのアドバイスなどは出来かねます。タイミングはご自身でお決めください。
下の動画は執刀より22分で完了しています。スマホをアームで固定して撮影しているので画質が悪いです。

【WANLINE】トップページへ戻る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ