よくある質問

空輸は危なくありませんか?

当犬舎では現在までに空輸による事故は一度もありません。

夏季は短頭種の輸送を行っていない航空会社があります。気温によって死亡するケースが多いためですが、そのほとんどが成犬で子犬は成犬に比べて暑さには強くむしろ寒さの方に弱く夏季よりも冬季の方が航空輸送には気を使います。

航空機内は貨物室ではなく動物用の貨物室があり、客室と同じ気圧空調環境になっています。輸送時間も1時間と短く輸送自体のリスクは低いですが、騒音や一人になった寂しさでストレスがかかりますので、到着した日は落ち着かせてあげて下さい。



<<購入後のサポートや飼育説明 | 血統書が届きません>>

戻る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ