ペットの健康

ペットの健康

基礎免疫力という言葉を聞いた事があると思います。言葉は知っているがよく分からないというのが現状だと思います。実際には色々な測定方法がありますが、例としてIgGやIgEなどが挙げられます。
他にワクチンを接種する事で特定のウィルスや細菌に対する抗体を得る事ができます。特定の病気だけを予防するには抗体値を検査する事である程度は把握する事が可能ですが、今回はそれらすべてを含む免疫を基礎免疫力と解釈する事にします。

なぜこんな話をするかというと、最近よく聞く犬のアレルギーの発症や健康不振が様々な要因で引き起こされているという事を飼い主さんにも理解してもらう事が大切であるとの考えからです。

ペットの健康について

抵抗力

健康不良の要因に挙げられる一番大きな原因は遺伝性のものになるでしょう。古来、犬という生物は数千年もの間、屋外で生活し自分で狩りをを行い生活してきました。しかし200年~300年のあいだに様々な種に改良されてきました。狩りをする能力を失い人間に飼育される事でしか生命をつなぐ事ができなくなりました。

特に顕著なのがここ20年ほどだと考えます。小型犬では室内飼育が主流となり、獣医療の発展で平均寿命が伸び犬にとって最適な環境が整えられています。
しかし産まれた時から最適な環境で子犬が育つとどうなるでしょう?

人間でもそうですが、子供の頃は風邪を引きやすくこれらを克服する事で抵抗が付き免疫や一度感染したウィルスや細菌に対する抗体ができるわけです。
例をあげると筋肉も組織の破壊を繰り返しながら強くなっていきます。筋肉トレーニングとは筋肉組織の破壊を行い体に備わった修復機能を働かせる事により、より強靭な組織が補填され筋力がアップします。
生物の体とは外敵にさらされる事により抵抗力が付くといえます。また抵抗力がもっとも付きやすいのは幼少期である事も事実としてあると思います。

続きを見る

子犬紹介

ご購入の流れ

ペットを飼う前に

お問い合わせ