ブログ

フレンチブルドッグの下痢の原因は?治し方とオススメフード

2021.01.09(土)

犬のうんちは健康状態を把握するバロメーターです。一見元気に見える犬でもうんちが下痢や便秘であれば何かしらの不調を抱えているサインです。

特に下痢の場合、寄生虫や伝染病、内臓疾患など深刻な原因が隠れていることも珍しくありません。言葉を持たない家族だからこそ、日ごろからうんちの状態はこまめに気にかけてゆきましょう。

今回は下痢の原因と治療のためのフードの選び方についてです。

 

 

フレンチブルドッグの下痢の症状や程度の見分け方は?血便や嘔吐の有無も合わせてチェック

 

フレンチブルドッグが下痢をしている時、すぐに通院すべきそれともこのまま自宅の様子見で大丈夫と悩みますね。まずは下痢と呼ばれる症状はどのようなものかを知っておきましょう。

 

下記の症状がみられる時は下痢と判断しましょう。

 

・うんちが柔らかい

・うんちの回数が多い

・うんちをした後にお尻の周りが汚れている、うんちが付着している

・うんちに少量の血液が混ざっている

・うんちを我慢できず、トイレ以外の場所に漏らしてしまう

 

フレンチブルドッグはとても賢くきれい好きな犬種です。無暗にトイレを失敗することはないので、うんちの場所を失敗してしまった時、無暗に叱るのではなく体調不良や下痢の可能性も考えてておきましょう。

 

下痢は症状の程度によって通院の目安や家族の取るべき対処法が異なります。その見極めはうんちの柔らかさで判断をします。

具体的には下記の段階に分けて症状を把握します。

 

①うんちは柔らかいものの、形状が残っている

②うんちが柔らかく形状は残っていない

③うんちが水のようにやわらかい

④うんちが柔らかい上に血液が混ざっている、血液に似た強い不快な臭いがする

 

①の場合、一過性な症状も場合も多く、次の排便の際には通常のうんちに戻っている場合がほとんどです。②~④の場合、症状の悪化に伴い脱水症状が起こる場合もあるので動物病院を受診しましょう。

 

特に子犬の場合、下痢が体に与えるダメージが大きく、数時間で体調が急変してしまう場合もあるので早めに受診をしましょう。

動物病院を受診するときは下記の準備をしておくと診察がスムーズです。

 

・検便用の少量の便を採取し持参する(サランラップなどで少量の便を包み、乾燥させずに持参しましょう)

・便をした時間や回数を記録

・便の量や形状がわかるよう写真を撮影しておく

 

下痢と併せて嘔吐やぐったりしているなどの症状もある場合は、急患として対応してもらえるよう申し出をしておくと安心です。

 

 

フレンチブルドッグの下痢の原因は?

 

一般的に犬が下痢をする原因は下記です。

 

・寄生虫

・伝染性疾患

・ストレスや疲労

・食べすぎ

・フードの切り替え

・内臓疾患

・加齢

 

一過性の下痢の場合、下痢の程度は上記の①に当てはまります。その後症状が改善するかどうかを見極めましょう。うんちの状態が②~④に悪化する場合は動物病院を受診しましょう。

 

下痢が数日続く場合や排便の度にうんちが柔らかさを増す場合、愛犬が元気や食欲がなく表情がよどんでいる場合は早急に動物病院を受診しましょう。

 

下痢は数日続く症状もあればある日突然激しい下痢を起こすこともあります。一見元気にみえたり、食欲がある場合でも下痢が続いている状態は健康とは言えません。

動物病院を受診し下痢の原因を突き止め、愛犬の辛い症状を解消しましょう。

 

 

フレンチブルドッグの下痢の治療法は?

 

下痢の治療は大抵の場合、数日~数週間の飲み薬の服用です。フレンチブルドッグは食欲旺盛ですから毎日のフードに薬を混ぜ飲ませるだけと治療も簡単です。

 

ストレスや体質など慢性的な症状が続く場合は乳酸菌配合のサプリメントを食事と一緒に食べる習慣をつけると症状の改善につながる場合もあります。

 

ただフレンチブルドッグの下痢の中には寄生虫や伝染性疾患など治療が送れることで体に大きなダメージが加わり、命の危険につながる場合もあります。

下痢の原因は外見からだけでは判断ができないので、動物病院で検査を受け正しく原因を突き止めておきましょう。

重度な下痢が続く場合や子犬や老犬など一日も早く体調を改善させたい場合は、点滴などの即効性のある治療を施す場合もあります。

 

ペット保険に加入されている場合、下痢の治療費が保険適用の対象となる場合も多いので合わせて確認をしておくと安心です。

 

 

下痢をしているフレンチブルドッグにおすすめのフード

 

下痢をすると、排便時に体内の水分が過剰に排出されてしまい内臓へもダメージが加わります。体内の水分量が減少することで内臓機能が低下し、症状の改善はもちろん食欲さえも減退してしまいます。

 

下痢をしている時におすすめのフードは下記です。

 

・添加物が配合されておらず消化吸収に負担がかかりにくい

・水分量が多く食べやすい

・不足しがちな水分の補給ができる

・食欲が進む風味や食感

 

ドライフードやオヤツは下痢の回復期間中には不向きな場合もあるので、獣医師と相談の上回復期間中の食事も考えてゆきましょう。

動物病院では下痢や食欲減退時に与える専用のフードも取り扱っています。

気軽に相談をして家族の不安も解消しましょう。

 

 

フレンチブルドッグを飼ってみたい方はこちらをご覧ください

 





当店では動物病院を併設しております。
飼われている犬の様子が気になる方は、こちらからお問い合わせください。


東大阪動物病院のサイトへ

 

子犬紹介 ご購入の流れ ペットを飼う前に
お問い合わせ