交配受け付け

交配をご希望の方はメス犬の発情が始まった時点でご連絡下さい。
代表犬で交配をお受けしている犬につきましては常時犬舎におりますので、
いつでも交配可能です。(交配料は一律5万円になります。)

交配最適日は発情開始日を1日目として11日~14日目に当たる期間に2回交配を行うのが、もっとも受胎率が 高いといわれています。

発情の初日がわからない場合は、スメア検査などで交配適日を予測する方法があります。スメア検査についてはブログで触れていますのでご覧ください。

現在プロゲステロン検査がもっとも有効な交配適日診断です。

犬のプロゲステロン検査については下記のリンクにて記載しておりますのでご覧ください。

犬プロゲステロン数値の読み方

犬の繁殖とホルモンの関係

交配時に犬が暴れて怪我をしたり、交配時に結合不全などの失敗や感染症の予防などの 意味から当犬舎ではすべて新鮮精液での人工授精で交配を行っています。自然交配と人工授精では受胎率の 変化はありません。

また交配時にはご希望によりモニターでスメア検査やプロゲステロン検査での確認と採取した精液の状態確認を行ってから人工授精を実施することも可能です。

(検査を希望される方は事前にお申し付け下さい。別途費用が掛かります。)

犬交配人工授精スメア検査

時間としては採精が10~15分、スメア検査が10分、プロゲステロン検査は20分かかります。(検査はいずれか一つで可プロゲステロン検査がおすすめ)交配後のメス犬はストレスが掛からないよう当日連れて帰って頂きます。
交配料金には2回の人工授精・交配証明書発行が含まれています。
(スメア検査・プロゲステロン検査・精液活力検査ご希望の場合別途費用)

  • 交配期間中のお預かりはしておりません。
  • 発情後のプロゲステロン値が高い状態は交配の有無にかかわらず子宮蓄膿症が発症しやすいので注意してください。
  • 3回目の交配をご希望の場合は別途1万円
  • 遠方の場合で空輸での交配ご希望の方は伊丹空港までお送り下さい。
    空港までの送迎2往復分交通費と三日間のお預かりで20000円+返送時の片道分の航空便運賃が必要になります。
  • 不受胎だった場合は次回ヒートの際に1万円2回交配(1ヒート限り)で再交配いたします。

人工授精=メス犬にはカテーテルを挿入するだけですので、自然交配より恐怖や痛みストレスをやわらげる事ができます。

当犬舎の犬はすべてブルセラ症検査済みで、全頭犬陰性です。 なお人工授精で交配を行いますのでお連れ頂きますメス犬の犬ブルセラ症陰性証明は必要ありません。
交配をお引き受けするオス犬は遺伝子検査クリアとなります。

オス犬とメス犬は完全に非接触で交配を行います。

  • >注:多忙につき事前のオス犬見学や下見などはお断りさせていただいています。
子犬紹介 ご購入の流れ ペットを飼う前に
交配受付  東大阪動物病院
Youtube WAN LINEちゃんねる
動物繁殖学研究所

ブリーダー求人情報
 
友だち追加
動物取扱業登録証

大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県など近畿地方関西地域からもアクセス良好。チワワ・フレンチブルドッグ・パグ・ボストンテリア専門ブリーダーのワンライン。チャンピオン犬の子犬販売

リンク

みんなのブリーダー

評価件数

みんなのブリーダーでも登録ブリーダーとして子犬をご紹介しています。ブリーダー紹介ページ

みんなのブリーダー 2020年上半期 みんなのブリーダー ボストンテリア部門 2021年上半期 みんなのブリーダー フレンチブルドッグ部門 2021年上半期 みんなのブリーダー パグ部門 2020年下半期

↓の医療保険をお付けしています。犬の保険はFPC