ブログ

フレンチブルドッグ産まれました!

2020.05.30(土)

こんにちは!たった今産まれたてのフレンチブルドッグです!
今まででもっともタイムリーなお知らせでした^^

フレンチブルドッグ,ボストンテリア出産情報

2020.05.29(金)

ワンラインで出産中のボストンテリアの子犬

 

春は出産シーズンなのかなぜかボストンテリアばっかり集中して産まれています!
きれいなカラーの子達です。すくすくと成長中で詳細はホームページにアップしていきたいと思います。

フレンチブルドッグの子犬たちも産まれています↓

 

すくすく成長中でございます。クリーム3ブリンドル2の子ども達です。
写真にうつってるついでにご紹介すると下の木枠のお産箱ですが、


子犬が圧死することを防止するお産箱

 

と言いまして正式な名前はないのですが、フレンチブルやパグなどは体重の重い犬種は母犬が睡眠中に子犬にのしかかってしまい、産箱の中で子犬が圧死してしまうケースが多くみられます。
それらを防ぐ目的で子犬が母犬に乗っかられていても子犬だけ下に滑り込めるような溝が作られています。
母犬が産箱に身を預けて寝てしまっても産箱と母犬の間に一定の隙間ができるように設計されているのです。
設計されているといってもすべて手作りでペットヒーターのサイズに合わせて木を切り枠組みして隙間ができるように安全バー代わりに木を固定します。犬種や大きさに合わせて様々なサイズのパターンを作っています。
生後2週間くらいまで育つと子犬も自力で抜け出せるようになるせいかそのような圧死事故は減りますが生後2週間程度までは圧死防止産箱を使用するようにしています。
また折を見て子犬圧死防止お産箱の作り方なども掲載していければと思います。

パグ子犬産まれました

2020.03.30(月)

3月19日生まれのパグ男の子の一人っ子です!
お母さんの愛情を一身に受けて成長中です。

3月12日ボストンテリア産まれました!

2020.03.14(土)

出産直前のお母さん犬です。タオルを噛んで陣痛をこらえているようでした。
初産でちゃんと育ててくれるかな?と思っていましたが、陣痛を経験すると、
母性が出てくるようで、ちゃんと赤ちゃんの面倒を見てくれていました。
初産で陣痛がない状態で帝王切開で出産すると赤ちゃんの面倒を見ないことが多いので注意が必要です。

帝王切開で6匹の赤ちゃんが生まれました!カラーのきれいな子たちです。

1 11 12 13 14 15 16
子犬紹介 ご購入の流れ ペットを飼う前に
お問い合わせ