ブログ

犬の繁殖とホルモンの関係

2020.06.22(月)

メス犬の発情サイクルと排卵妊娠サイクルについて
卵胞ホルモン(エストロゲン)卵胞刺激ホルモン(FSH)
黄体ホルモン(プロゲステロン)黄体形成ホルモン(LH)
主にこちらの4種類のホルモンの相関性を理解することによって犬の繁殖に関わる一定の知識を身につけることが出来るかと思います。
相関グラフを引用しておりますのでご覧ください。

簡単に図の通りに文面に起こすとまず発情(ヒート)開始の2~3週間前からFSHの上昇が始まり、その後エストロゲンの上昇が起きると同時にプロゲステロンの上昇が始まりLHサージが起こります。LHサージは24時間以内の短期間で終了しエストロゲンも排卵前に下降していきます。
LHサージから48時間以内にOvulation(排卵)が起こりプロゲステロンは妊娠に関係なく発情(ヒート)開始後60日程度かけて上昇し下降していきます。
LHは種によって異なりますので犬以外の動物種ではこの相関関係は当てはまらないので注意が必要ですが犬であればチワワから超大型犬まで等しく排卵はこの相関関係が成り立つとされています。

繁殖において排卵を確認する目的で観察されるグラフにはFSHが除外されているものが多くみられます。
無発情期の発情誘起の前段階としてFSHを計測することは有用かもしれませんが発情開始後の排卵を予測するうえでは重要な項目ではありません。
またエストロゲンの上昇は発情中かを判断する指標にはなりますが排卵を予測するには突出した特徴がないため適しているとは言えません。
LHは排卵前に大きな突出した変化(LHサージ)を表します。またLHサージ後48時間で排卵が起こるため排卵を予測する場合にLHサージの検出を目的とした製品もあるようです。
しかし前述したようにLHサージは24時間以内に上昇し下降してしまうため毎日計測する必要があり排卵を予測する検査として現実的とは言い切れません。
犬のプロゲステロン数値の読み方で記述したようにプロゲステロン値を計測し排卵を予測する方法が現在もっとも的確な評価方法であるといえると思います。

無発情犬に対する発情誘起から排卵に至るまでのアプローチ

正常な発情サイクルが認められないメス犬や毎回発情は起こるが交配しても妊娠に至らない犬に対するホルモン治療に関して、
発情が8ヶ月以上認められない適正な年齢のメス犬にはLH様作用は弱くFSH様作用を持つ血清性性腺刺激ホルモンで自然な形で発情誘起を行うことが出来ます。
またプロジェステロンを測定し交配を行う場合、通常90%以上の確率で妊娠に至りますが複数回妊娠に至らない犬に対してはFSH様作用が弱くLH様作用を持つ絨毛性性腺刺激ホルモンを投与し、正常な排卵を促しプロゲステロンと持続性黄体ホルモン製剤で着床を促し妊娠を維持することが出来ます。
これらは獣医師の観察下で適正に使用される必要があります。

発情がこない犬、受胎しない犬でお困りの方は東大阪動物病院にて前述した治療が可能ですのでご相談ください。

東大阪動物病院で出来ること

Q.帝王切開は出来ますか?
A.出来ます。胎児に麻酔のかからない安全な麻酔法で行っています。実例を紹介しています。深夜早朝は対応できません。

Q.プロゲステロン検査は出来ますか?
A.出来ます。検査結果が出るまで15分かかりますが当日診断可能です。

Q.凍結精子を使用した開腹人工授精は出来ますか?
A.出来ます。常時液体窒素があるわけではありませんので輸入精液などをご利用の場合は事前にご相談ください。
実例をご紹介しています。

Q.内視鏡による子宮内人工授精は出来ますか?
A.精液さえあれば出来ます。現在内視鏡は京都犬舎に設置しています。実例をご紹介しています。

Q.オス犬とメス犬を連れて行くので交配できますか?
A.出来ません。見ず知らずのオス犬が採精出来るか分からないためです。
どうしても採精した経験のない犬でチャレンジしたい場合はご相談ください。

Q.繁殖事業者ですが繁殖計画をお任せできますか?
A.個人様事業者様に関わらず、すべての繁殖計画を立案実行できます。繁殖に関しては得意とする分野ですのでご相談ください。
犬舎の健康管理計画や飼育施設設計アドバイスなども行っています。

 

子犬紹介 ご購入の流れ ペットを飼う前に
お問い合わせ